B&L Ray-Ban SIGNET Gold / G-15 52-19 VSAC

1990年代 ボシュロム レイバン シグネット 日本製

ボシュロム レイバン 日本製について

1989年頃にボシュロムジャパンがオールディーズコレクションとして数十種類のモデルを復刻するのですが、日本のみで人気のあったモデルやトラディショナルズ シリーズを諸々の事情により日本で生産。

*右レンズRay-Banゴールドプリント、両レンズBLレーザーロゴ有り。

ウェイファーラー同様 1950年代から経営がルクソティカに移った今なお生産され続けているモデル。元The SmithsのギターJohnny Marrが同モデルをプロデュース、Arctic MonkeysのヴォーカルAlex Turnerも着用。

    

¥ 33,000

00191

New product

BRANDB&L Ray-Ban
MODEL SIGNET (VSAC)
MADE IN JAPAN
CIRCA 1990s
SIZE 52[]19
Front width 136mm
Front height 46mm
Lens size 52mm
Bridge size 19mm
Temple length 135mm
Frame color Gold (ゴールド)
Lens color G-15 (Dark green grey ダークグリーングレー)
Frame material Nickel Copper Alloy (ニッケル銅合金)
Lens material Impact Resistant Lens (ケミカル強化ガラス)
Accesories(付属品) 元箱 / B&L レイバン セミハードケース
Condition デッドストック (未使用品)
size help

レイバンの強化ガラスについて

当レンズを歪度計で調べると歪みがありませんので「風冷強化ガラス』では無く『ケミカル強化ガラス』になります。1978年のリーフレットに『すべてのレイバンレンズは熱強化または化学強化処理された衝撃抵抗力にすぐれたレンズで...』とありますので遅くとも1970年代後期からケミカル強化ガラスを使用したモデルも存在します。レンズに砂打ちが入るようになった以降の『レーザーBLロゴ』や『BL砂打ち無しレンズ』(ボシュロムジャパンのトラ ディショナルズシリーズ等)はケミカル強化レンズを使用したモデルが多数あります。BL砂打ちとレーザーロゴの違い *別ウインドウで開きます

『レーザーBLロゴレンズ』『砂打ちの無いレンズ』『Ray-Banロゴの無いレンズ』の正規品も存在します。ボシュロム レイバンでは一般的に 『アメリカ製』『フランス製』『西ドイツ製』がありますが、それ以外でもボシュロム レイバンの正規品として『日本製』『香港製』等のモデルも存在します。(これらのアジア製はフレームに生産国の表記はありません)

30 件 同じカテゴリーの商品があります。